〜 There is no meaning if we are not together 〜
●2011年 GWまとめ
GWの29,30日は、"観光メイン・ちょい釣り" で淡路島に行ってきました。

高速道路へ乗る前に、釣具屋めぐりの旅です。
近い場所に2店舗ほど、大型店があるので便利ですね。

そして、ついに…ついに念願のかばんを手に入れたのです。


初めて見つけた時からずっと欲しかった物なので、嬉しくてたまらない♪
がまかつさん、この柄で他の小物を出して下さい。
特に、ウェア関連でお願いしたいところです。うふふ

他にも少しお買い物をして、ようやく高速へ   しかし、そこでもフリーダム。
途中に、中島PAへと休憩に入り、遅めのランチを頼んでみたらびっくりなのですよ。


海老でかっ!
海老好きにはたまらない!

大きな海老が、2匹も居ます。
パスタに至っては、3匹いらっしゃる贅沢さ。
殻のパリパリ具合、身のぷりぷり感も最高ですが、パスタ・ピラフのお味も良かったのです。

スタッフさんの対応も良いし、海が見えるし、デザートもあるし…

うみかぜキッチン、最高(゜Θ゜)

二人のお腹を満たして、ようやく出発。ごーごー

さて、淡路島というと明石海峡大橋です。

今回の目標の一つとして、
 ・明石海峡大橋を渡る
 ・淡路島PAのオアシスへ行く
 ・たまねぎラーメンを食べる
 ・奇跡の星の博物館へ行く
 ・伊弉諾神宮へ参拝に行く
 ・慶の松原へ行って、松ぼっくりにまみれる

この6つ。
そんな第一目標クリアは突然に、やってくるもので…

長いアトラクションとも思えるトンネルを抜けると、そこは、絶景でした。

前後左右が、今までに見たことも無い初めての景色です。
前を向けば、楽しみにしていた淡路島があります。
島の周囲、漁港もちらりほらりと見えて…ますます期待は高まるのです。

渡りきっても興奮冷めやらず、ハイウェイオアシスへ行く前にぱちり。



そして、陽も暮れかけた淡路ハイウェイオアシスへ向かいます。

これがまた、想像以上の広さで苦戦しました。
急な坂道、水鉄砲、広大過ぎる芝生広場、数々のアスレチックが待っていたのです。
やっとの思いでPAに戻ってきたのですが、もうへとへとで…
と言いながら、美味しく "たまねぎラーメン" を食べるのです。また食べたいなぁー。

そうこうしていると、陽もすっかり落ちイルミネーションが煌く時間になりました。


明石海峡大橋は様々なイルミネーションパターンがあるそうです。
きらきらと変わる光にすっかり見とれてしまいました。

毎日見える場所に住んでいる方が羨ましいなぁ。

そんなこと思いながら、観覧車。

さて、夜といえば釣りですよ。
淡路島をぐるりと周りながら、釣りの出来る漁港探しです。
途中の山では鹿に出会い(対向車には出会わない)、海では小さいタコを見つけながら、とある漁港に狙いを定めました。

しらす号に美人さん(オレンジ)で船の隙間や、壁際、桟橋を攻めても……
アタリは数回あったものの、ワームの尻尾を突付かれたのか、あわせが遅かったのが逃がしてしまいましたw

けれども、24cmというカサゴさん登場!

それがもう楽しくて仕方なくて。
お持ち帰りしたカサゴさんは、後日、煮付けで美味しく頂きました。

そうして、1日目は終了です。漁港の奥で、ひっそりと就寝したのでした。

二日目の最初の観光地は、伊弉諾神宮です。

参拝を済ませて敷地内を散策していると、夫婦楠を見つけましたよ。

樹齢900年、まだまだ現役。



時間も程良くなってきたので、次は "淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館" へ向かいます。
待ち受ける植物たちの多いこと!
テーマに沿って花々が生きていました。


ドーナツ的、美味しそう。



ヴィジュアル系の彼、
 麗しい横顔。


ヒスイカズラ、怪しい美しさ。

たくさんの植物に囲まれて癒された後は、百段苑でさらに癒され、翼港では管理のおじさんのゆるさに笑わされ、お風呂のある "パルシェ 香りの館" で昼食とラベンダー、ローズソフトクリームを頂きました。
歯磨き粉的な味を覚悟したのですが、あっさりと美味しく、香りも良いソフトクリームでした♪

その後は慶野松原へ向かって、大量の松ぼっくりでにやにやしたのでした。
かわいいよね、松ぼっくり。

その後は、またしても釣りタイム。
本当は松原の砂浜から投げたかったのですが、強風のために諦めたのです。
ちょっと、ヒラメやカレイを期待していのだけれども…残念。

結局、漁港に落ち着いて壁際攻めです。
日中なので、見えていますねー端ですねー。

何やら、ここがいいよーと言われたので落として見ると   


淡路産・アナハゼ!

淡路島に来て、初のヒットですよ。
口の中の青さが綺麗だわぁ。


この後も色々と試すも、強風の為に大阪へ戻ることとなりました。
帰りに立ち寄った道の駅で怖い思いをしたり、強風による橋の速度制限を予想してみたり、淡路島を離れる時も楽しくて仕方が無かったのです。

本当に、ここには書ききれない、たくさんの思い出が出来た今回の旅。
わたしだけでは知る事の無かったものばかりで、感謝してもしきれないです。

これからも、思い出を作り続けるぞー♪
日々のこと / comments(0) /
Comment